Top 日常 >リア・ディゾン特集

2007年08月12日

リア・ディゾン特集

暑いよ暑いよ。暑さ寒さも彼岸まで?唾棄だこのやろー。
風が吹けば桶屋が儲かる≠ンたくバタフライ効果で、俺にガバッと僥倖は舞込んでこないだろうか。

今週のプレイボーイ合併号で、リア・ディゾン特集があった。
(リリー・フランキーの人生相談、キン肉マン二世、松本人志の怒り、等を読む目的だったが)
サマーピンナップもあったりで、プレイボーイならまあよくある事だ。
色んな意味で猛り立っていた(笑)俺だが、ふとページを捲ると刮目してしまった。

なんと小畑健先生と麻宮騎亜先生が、イラストを描いているではないか。
なんというディ・モールト奇抜な企画だ。


小畑先生といえば、ご存知ヒカルの碁、デスノートなんかで有名な、キャンプ好きな漫画家。
8.6cmが要諦である。
「サイボーグじいちゃん」? 嗚呼なかった事にしておこうか。
打ち切りとわかり、開悟し吹っ切れた感ばりばりの、ラスト三話の路線変更は、他の追随を許さない。
それが唯一無二のじいちゃんクオリティ。
何故か最近、単行本が復刻版として発売されてるのには笑ったが。
麻宮騎亜先生といえばサイレントメビウスが有名だろう。

小畑 麻宮

小畑先生(左)と麻宮先生(右)共にアイデンティティ剥き出し、巧拙感、リア・ディゾンとの齟齬。
個人の作画方法そのまんまじゃねーか。
麻宮先生とか、最早リア・ディゾンの面影ねーぞ。
どう見てもパラレルワールドです、本当にありがとうございました。うゎわゎん。

つーか似せる気あんのかこいつらは。

極めつけは麻宮先生の「似てなくてゴメン」というコメント。
「えっ?!じゃあ似せる気はあったんじゃん」という確信的なツッコミが生まれる。
まぁ、企画のコンセプトが似せる≠ニかじゃないんだろうけども。

四の五の言おうがつまるところ、小畑先生の絵は個人的に好きな訳だがね…。
○○先生のほうが絵が上手だの下手だの、そんな千差万別で相対的な審美眼に関して、よっぽどの差がない限り、論ずる気はないけれども。
特に ふ く も と せ ん(以下省略)
以前の記事でドラゴン桜とワンダ・モーニングショットとのタイアップ企画を書いたが、最近こういうの流行ってるのかね。



Page Top ▲ | Comment(2) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
どぅーじんの世界観やら価値観じゃないのかこれはと一目視てw
所謂ヲタ絵、ヲタ文化もパクリから火が点きそこからどうオリジナリティを視せるか、
そういう問題なり評価のされ方を感じて止まない私ですg
そもそも3次元を2次元に現しきるのは至難と思う、いくらプロと言えども
視る側も“視せられる”兼、魅せられる、それは3次2次共に変わらないのにね
Posted by 69 at 2007年08月17日 16:24
>ろく
あるえぇぇぇぇぇwww
いの一番に顔文字使ってねぇぇぇッのにびっくりだ。
しかも真面目だ。至極大真面目だ。
まー同人orエロ作家から、メジャー作家に転向するってパターンも多いからね。

あの映画監督スピルバーグも、黒澤 明に影響をかなり受けてるから、よくパクってるし。
オマージュなのかパクリなのかアレだけども。

>視る側も“視せられる”兼、魅せられる、
なんか文字化けしてないかw?
それとコメントありがとな。
※あるえぇとはスラングです。
Posted by りあす at 2007年08月19日 00:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ページランクブログ ランキング
これで 回目の石塔返し   
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。