Top 読み物・ネタ >ノートン処方箋

2006年10月27日

ノートン処方箋

ったく・・・つとに、ノートン先生は欠陥が多すぎるぜ (イライラ
ある意味畏友でもある、黄金のレフティK≠フノートン先生を、逆に俺が診断する事になろうとは。

只、このノートン先生あなどるなかれ。
昔、そっち系の雑誌で読んだのだがアンチウイルス選手権なるもので、シェア、フリー含む8種類くらいのソフトで精度を比較し、雌雄を決するというのがあった。
対戦相手はW32系の有名なのからPDF感染型、マクロ型、最強の一角メタモフィズ型、バックドア系も含め実にバラエティーに富んだ選手20数名だ。


〜〜省略〜〜

つーわけで結果はノートン先生が、セキュ部門の優秀な人材を一本釣りした効果で堅実・安定な結果をみせた。
ウイルスバスターは流行のウイルスには迅速に対応しているが、複雑なウイルスには開発が遅れているようである。
まぁ結局、『どのソフトも全検出は出来なかった』これが現実だ。
中には、これをアンチウイルスと呼ぶに相応しいのか?という物まであったのである。

THE・まがい物
kof-11.jpg

毎年、新しいノートンシリーズがリリースされるが、


「動作の重く大して実用性の無い機能を無理に付加して、
単に営利を目的としているのではないか?」



との声も一部ではあるようだ。

シマンテック社員曰く「機能で勝負」との事だが、そのご自慢の機能がもたらす弊害を見ていると、本末転倒という気がしないでもない。
そもそもノートンの前身は、"ピーターノートン"というソフトウェア開発者が作った"Norton Utilities"などのメンテナンスソフトだったそうだ。
かつてデータサルベージやデフラグ等の、画期的且つ信頼感のあるNortonで世界から賞賛された


ピーターノートンは今、何を思うであろうか・・・


閑話休題。ノートン先生は実に偉大だ。
ccapp実行ファイルが応答なしになったり、Auto-Protectがトラックデータを全部スキャンしやがったり──
CPU使用率を肥大浪費、ワードなどもクソクソ遅くしやがる。
だが優等生なのも一方で事実なのだ。

ノートン先生の横暴に邂逅する時、俺の身には必ず不幸が訪れやがる。
足首捻挫・破傷風・携帯ドッボンetc・・・


俺は禍根を消し去る為、ブラックジャックになることを決意した


"黄金のレフティK"のノートンに、俺が施した処置は次の通りである。

  • 拡張のリムーバブルメディア挿入時のスキャンを止め
  • Office プラグインなんか止め
  • Auto-Protectのスキャンはスマートスキャンを使用
  • Auto-Protectの圧縮内部ファイルスキャンを止め
  • ついでに神拳寺秘奥義 降龍天臨霹××××××××を(大人の事情)

Kくん:
「心よりのお気遣いありがとう。
只、ボクは天下無双の漢になる為に全国を旅す流浪人の身、あなたに何もしてあげれない。
それにWINDOWSよりもMAC派なもので」

ムカッ!・・・そこで俗物根性の俺は、黄金のレフティKに言ってやったのさ。


り:「ビル・ゲイツ様の時給はな、1日8時間労働と換算して4億くらいあるんだよ、ひれ伏せ」


すると奴の反応は・・・

9584930549.jpg


K:「ゲイツ先輩の前で土下座したら500万くらい貰える公算大」


うわゎわん。涙で前が見えない。
成功したら100万程ワケテクレ。



Page Top ▲ | Comment(2) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
ボッ、ボクをネタにするなんて・・・

そっ、それ自体が本末転倒なんだからね
つまり捉え違いなのだ  m9(・∀・)ビシッ!!
Posted by 黄金のレフティK at 2006年10月29日 18:07
富や名声・権力大好き♪

権威主義的精神のボクです。
Posted by りあす at 2006年11月02日 01:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ページランクブログ ランキング
これで 回目の石塔返し   
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。