Top 鉄拳 >戦いにおける心理処方箋

2006年10月09日

戦いにおける心理処方箋

つーことでうも。
不精と週一回しか鉄ってないのコンボで、鉄拳記事ががいきなり遅延してしまいましたが、改めまして記事を。


この巌竜というキャラ──
煎じ詰めて思うに、常にイニシアチブを握るために自分の得意なテリトリーを保ち、相手のペースに乗らないほうがいい。
相手の戦術に付き合ってもろくな結果が生まれない。

かと言って「自分のスタイルはこうだ!」と決め付けて戦うのも、想定外の局面に対峙した時や緊急時などの柔軟性に欠けます。
キャラの特性や相手キャラとの相性に応じて、臨機応変に対処するのがベストでしょうね。
緊急時に弱い人間というのは、戦争という緊急の事態でさえ、平常時と同じセオリーで物事を押し進めようとする。
人の瞬発力・対応力は、緊急の時にこそ発揮されるのではないかと思います。

まぁこれは一朝一夕でみにつくものではないのですが、同じキャラを長年使い続けていると、ふとした頃にしっくりきていた・・・
自分のテリトリーや勝ちへの定石がなんとなく分かった・・・なんて事があるもんなんですね。


「相手の実力と己の実力とをひきくらべ、どうすれば勝てるかを考える事の出来ない者は、永遠に弱者である」


となんかで読んだのですが、みんな誰しもが己を過大評価したがる。
それは極当然で自分が弱いと思っていれば、気力を失い勝てる勝負も勝てなくなるでしょう。
然るに(ところが)、いざ勝負の時にその自身を過信してしまうと終わりなんですよね。
かの剣豪、宮本武蔵はこの点を甚だ理解していました。
ですから生涯60戦以上を戦っても無敗だったのでしょう。

勝つ為に、"自分を知り、対戦相手を知る"というのも重要ですよね。
兵書「孫子」の中に


「相手をよく知らず、自分だけを知っていれば勝ち負けは五分五分。
相手も自分も知らなければ、戦う度に危機に陥る」



の様な意味をさす言葉があります。
相手がどんな考えを持ち、どのような行動をする人物なのか?ソレに対して自分はどうなのか?
そこを熟慮し、しっかりと情況を分析しなければならないと思います。
ですが"自分を知る"という事は、己の弱みから嫌な所まで全て冷静に分析しなければならない。
これは"相手を知る"こと以上に難解ですが。


敗者と勝者、そこには例え勝敗の差が僅かであっても、天と地くらいの開きがあります。
受験や就職、社内でのポスト争いなんかも常に勝者と敗者が生まれます。

"勝利"という目的の為にはどんな手段(バグ技以外)を用いても自由ですし構わないかなぁと。
それが非情な手段であったとしても、問題は"勝利"という結果に己を導く事なのですから。
いみじくも政治学者マキャベリがこう述べています。


「結果さえよければ手段は常に正当化される」と。


もちろん只単に、"自己満足で楽しみたい"っていう考えもありっちゃアリなんですが──
なかんずく格闘ゲームは、男古来から狩人としての闘争本能や駆け引きをお手軽に味わえるんですからねぇ。


勝つ為には策略は不可欠です。
巧妙な戦略で相手を欺き、正常な判断能力を失なわさせる。
それで勝利を己の物とする。
全て物事は、その結果から判断する必要があるのです。

私なんかがやるのは、最初の1,2Rは雷張り手を封印して3Rで突如、封印を解いてブッパしまくるつーのはたまにやりますw。
憚りながら、私が一時の流れに身を任せw駄文・長文を述べてみました。
つーか段々と鉄拳と関係なく…wうえwうぇ


Page Top ▲ | Comment(4) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
『君主論』ですか。私はこの書物、大好きです。
『鉄拳』に限らず『対人戦』というヤリトリで使える素晴らしい物だと私は思います。
どうせならリアスマスターも、鉄拳界の『チェーザレ・ボルジア』と呼ばれるくらい勝ちに徹してやってみてはいかがでしょう?

『勝ちゃあいいんだよ、勝ちゃあぁ!』
(ボルジアはこんなことは言わなかったと思う。)
Posted by ニコロ・アニソン at 2006年10月09日 20:46
なるほど…
今回の記事すっごくためになりますた。

なんというか視野が広いですな。


とマジレス
Posted by ぷろしゅー at 2006年10月10日 05:11
ボクティンがおまいさんに将棋で勝ち越している件について




それは

間違ったイメージを植えさしているからだ!ビシッ それが裏をかく伏線!ビシッ
Posted by K at 2006年10月11日 16:08
タコ坊主さん>
中々イカレとんちきな趣味をお持ちのようで、って俺もか・・・
ぼるじあ?記憶にないつーの、アンドリューカーネギー派なもんで

『勝ちゃあいいんだよ、勝ちゃあぁ!』が俺の心の8割くらいを占めております。


ぷろしゅっしゅっさん>
どういたしましてとマジレス。
若い頃、辛酸を舐めてきましたからね、えぇ。


K>
あれが能動的な範疇だとすれば"劇団ひまわりも"目じゃねぇなw
Posted by リアス at 2006年10月13日 00:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ページランクブログ ランキング
これで 回目の石塔返し   
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。