Top 日常 >マミちゃんばかりが、なぜモテる

2009年12月11日

マミちゃんばかりが、なぜモテる

・厳しくなっちゃうのは愛情の裏返し
・信じたいから疑う

俺の経験上、女性はなかなかそれらを感じ取ってくれませんね(笑。
逆に言えば男性も女性に対して鈍感な部分もあるでしょうね。

例を挙げると、髪型を変えたのに男性が全くノーリアクションだとか。
並列に並んで歩く時に車道側をキープする等の気配りが一切出来ないとか。
女性を守ろうと必死になりすぎてすぐにキレてしまい、かえって周囲に迷惑をかけてしまう短気な男 (つまり状況が読めない)etc

それが理由で別れたなんて話も聞きます…。

昔心理学の先生が雄弁をふるってましたが、恋愛をしている時男性は理想やメルヘンを追い求めるのに対し、女性は常に現実思考なんだそうです。
常に将来の結婚や人格、金銭的問題に対して「現実思考」で考慮しているので、何か現実とのギャップがあると一気に冷めてしまうようです。

柴門ふみの著書「マミちゃんばかりが、なぜモテる」でこのような一節があります。

「女が支持するいい女と 男が支持するいい女」
「一致することは たぶん永遠に───ない」


いや〜わかりまんなぁわかりまんなぁ(切実)。

ちなみに、著書で語られているマミちゃんとは学生時代、大した美人でもないのに何故か男性に人気のある女≠ナ笑うと半月円になる目とアヒル口の持ち主。

本によると女子アナは大体そのタイプらしい。
世の中の女性は女子アナが嫌いだそうだ。
女性からしてみれば、マミちゃん側というより、そういう女性に弱い幼稚なマザコン男性が悪いのだとか。

……

女ってマジ面倒くさいっすね…。

蛇足だが田中美保みたいなアヒル口、結構好きなんだけどなぁ。
チョットは男性の浪漫なんかを受け入れて欲しいもんだよね(笑)

俺達男性陣は、恥ずかしいだの下心がバレバレだのその様に周囲をうかがって四の五の言わずに、素直に女が喜んでくれる事、コレを超最優先でやっていくのが使命なんでしょうな。
褒められて嫌な気分になる人なんて、基本いないでしょうし。

「与えたものは、巡り廻って返って来るもんです。優しさも愛情も喜びも。」
Page Top ▲ | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ページランクブログ ランキング
これで 回目の石塔返し   
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。